ご葬儀お役立ちコラム

葬式用語集・豆知識
【 小山聖苑での家族葬 】
2021/10/23

こんにちは、小山聖苑葬儀受付店の小山あんしん葬祭です。

今回は小山市だけでなく全国的なスタンダードとなってきている家族葬について。

 

増えている家族葬

近年葬儀の小規模化が進む中、家族葬のご要望が増えています。

小山あんしん葬祭にご依頼を頂く葬儀は、元々弊社家族葬ホールでの小規模な家族葬が多かったのですが、コロナ禍の影響もあり、小山聖苑での葬儀についてもそのほとんどが家族葬となっています。

 

家族葬とは、一般の会葬者が参列しない近しい親族のみで執り行う葬儀の事をいいます。

元々は葬儀社が作り出した商品名ではありますが、現在では小規模な葬儀の代名詞となるまでに至っています。

 

それに対して、従来の様に大人数の会葬者が集まる大きな葬儀の事を一般葬と呼びます。

昔の方々は、立派な葬儀をあげてあげる事が両親に対しての最後の親孝行と考えていた方も多く、小規模な葬儀はみっともないという風潮がありました。

だからこそ、基本的には葬儀にはたくさんの人が集まり、たくさんの人が集まる葬儀こそ本当の葬儀だという考え方、一般葬と呼ばれる様になったのです。

 

 

社会不安が葬儀の小規模化を加速させた

元々日本人の心の奥底に、葬儀にお金をかけるのは無駄な事なのではないか?という思いはあったものの、親戚や地域からの目もあり、なかなか従来のスタイルを変えるまでには至っていませんでした。

平成の時代に入り、長引く不況、年金不安、増税など、将来に不安を抱える方が増える中で、余計な支出を避けたいと考える方が増えて来ました。

葬儀の費用もなるべく抑えたいと考えられ始め、そこから葬儀の小規模化が進んでいく事になります。

 

今後の家族葬

家族ならびに近親者のみで執り行う家族葬は、喪主家族が一般会葬者への接客対応をする必要がなく、故人との最後の時間をとてもゆっくりと過ごす事ができるというメリットがあります。そのため家族葬に対する満足度がとても高く、多くの方々に喜ばれています。

 

 

現在ではコロナ禍の影響もあり、基本的に葬儀は小規模な家族葬、というのが一般的となってきていますが、葬儀の満足度などを考えると、コロナ禍が明けたとしても、葬儀の基本は家族葬というこの流れは変わらない可能性があります。

もう少し時代が進んでいった先には、家族葬の事を一般葬、一般の会葬者が集まる葬儀を別の名称で呼んでいる日が来るかもしれませんね。

 

 

小山聖苑での家族葬の事は小山あんしん葬祭ご相談ください。

 

電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-176-110


メールでのお問い合わせはこちらへ
  ↓ ↓ ↓
https://oyama.anshinsou.com/contact/

 

 

 

小山聖苑葬儀受付店の小山あんしん葬祭